東泉寺とは

由緒

当山は天台宗比叡山延暦寺末にして、開創は天長六年(西暦829年)で、さいたま市(旧浦和市内)における古代創建九寺の一とされている。
開基は慈覚大師円仁と伝えられ、中興開山玄性と、新編武蔵風土記稿に記載されている。

明治十八年より木崎村役場、二十年より木崎小学校高等科校舎として、しばらく使われていた。

保有する指定文化財

悠久の歴史を伝える東泉寺には3つのさいたま市指定文化財があります。本堂には聖観世音菩薩立像、薬師堂墓地には菩提樹、阿弥陀三尊図像板石塔婆が伝承されております。

聖観世音菩薩立像

江戸時代初め頃。
一木造、彫眼、像高116.5cm、古色、復古調。
市指定有形文化財(彫刻) 昭和49年3月23日指定
木造観音菩薩立像  一躯

東泉寺 阿弥陀三尊図像坂石塔婆

緑泥片岩 文明三年(西暦1471年)
市指定有形文化財(歴史資料) 平成16年3月31日指定
東泉寺阿弥陀三尊図像板石塔婆  1基

室町時代の中頃、生前すでに法名をいただいた4人が、自分たちの死後の供養をするために建立した月待供養の板石塔婆。中央には阿弥陀三尊像を陰刻し、下部には4人の法名や造立の年月日(文明3年=1471)を刻む。当時の人々の信仰生活をうかがえる貴重な資料である。

菩提樹

墓地内 樹齢四百年 中国産種
昭和44年5月21日指定 浦和市指定天然記念物

シナノキ科の落葉高木で、葉の形は逆三角形で、裏面には白色の細い毛が密生しています。釈迦が修行したと伝えられるクワ科常緑高木の「ボダイジュ」とは異なる種類で、仏像の材料にされたり、果実で数珠を作ることで知られます。
本堂南側の薬師堂墓地にあり、指定時は古木の風情があり、高さ7メートル、根まわり3.36メートル。南北の2幹に分岐して、全体が傘状をした、盆栽のような美しい姿をしていました。平成5年に台風で主幹部が倒壊してしまいましたが、現在、孫生(ひこばえ)が生育中です。

境内 花の名所のご案内

東泉寺・三島神社のツツジがさいたま市から指定されています。見頃は4月中旬ころからです。それ以外にも様々な花が四季折々に楽しませてくれます。

玄海ツツジ

春先の早い時期、桜の終わる頃には咲き始めます。

紫陽花

6月の雨の時期の定番です。

牡丹

境内に大輪の花を咲かせます。

古代蓮

境内墓地に鉢植えで、夏の早朝に咲きます。

曼珠沙華

秋のお彼岸になると境内庭園に咲き乱れます。

仏像のご案内

東泉寺のご本尊は阿弥陀如来座像で、加持祈祷の仏様は護摩壇本尊の不動明王です。また、薬師堂には、寅年に開帳する足立十二薬師札所第四番、薬師如来像が宮殿お厨子内に安置されております。酉年開帳足立百不動札所第十四番、と午年開帳の新秩父観音札所第十二番、如意輪観音像は本堂のお厨子内の秘仏となっています。

本尊阿弥陀如来

脇侍の観音・勢至二菩薩と弥陀三尊菩薩形式である。

不動明王

二童子付き 身丈5尺。
古来上野寛永寺に奉祠されていたものであるが、当寺興隆のために拝領した由緒ある古仏。

虚空蔵菩薩

智慧の仏として、古来子供の十三才詣りで有名である。
昔は木崎中学校西側の田中山に奉安されていた。

岩屋弁財天

大黒天・毘沙門天・15童子付き。
江戸時代中期作、七福神の三天合祀の仏像。

おびんずる様

本堂入口廊下に安置され、信者の「撫で仏」として、痛い所を撫でて病気平癒を祈願した羅漢像。

  • 寺子屋
  • 墓地のご案内
  • 斎場のご案内
  • ホーム
  • 東泉寺とは
  • 斎場のご案内
  • 墓地のご案内
  • 寺子屋
  • お寺概要とアクセス
宗教法人 東泉寺
〒330-0044
埼玉県さいたま市浦和区
瀬ヶ崎2-15-3
斎場のご利用、墓地の分譲、寺子屋での坐禅や写経など承ります。
[開門時間]
9:00~17:00
[定休日]
友引の日
お電話 048-886-5114
ファックス 048-886-4151
メールyasu111@sunny.ocn.ne.jp